アコムの金利を引き下げるための条件|利息制限法や増額について解説2017年09月22日更新この記事のアドバイザ元 信用組合職員滝口誠信用組合に20年以上勤務し、金融業務全般に従事する中で、カードローン受付・審査等の業務も経験。銀行業務検定法務3級、銀行業務検定財務3級、銀行業務検定金融コンプライアンス2級、3級ファイナンシャル・プランニング技能士等の資格を保有する、金融業界のプロ。 この記事はこんな人向け ?これからアコムを利用したい?すでにアコムを使っているが金利面に不満?金利を引き下げたいと考えている
これからアコムを利用しようと考えている方、またはアコムから既に借りている方で「金利」の決められ方や、引き下げる条件を知りたい方は多いはずです。
そこでこの記事では、アコムの金利の決まり方や金利を引き下げるための方法を紹介していきます。

どうにかして金利を引き下げたいと考えている人は、ぜひ最後まで目を通してみてください。 もくじ・金利を引き下げたいアコム利用者は多い・アコムの初回金利は審査で決められる・金利は引き下げることができる・増額できれば引き下げの可能性あり・アコムで増額するにはリスクがある・どうしてもすぐにお金が必要なときの解決策・まとめ金利を引き下げたいアコム利用者は多いアコムの金利は3.0%~18.0%で、利用者の中には金利が高いと感じている人も少なくありません。
最低金利の3.0%だけ見るとかなり「安い」感じがしますが、実際に利用する際に最大金利の18.0%となると、やはり高いと感じるのもうなずけます。もくじに戻る?アコムの初回金利は審査で決められるアコムなどのカードローンは、申し込み後の「審査」で初回金利や利用限度額などが決まります。
どういった基準で金利や利用限度額が確定していくのかを確認することで、自身が利用する条件が妥当なのかをセルフチェックしてみてください。審査時に返済能力から判断されるアコムの審査では、利用者に返済能力があるかどうかを判断します。
返済能力とは?返済能力は、申込者に安定した収入があるかで判断されます。単に年収が高ければいいのではなく、月々に一定の収入を得ていることが重要視されます。
上記のように毎月一定の給料があれば、アルバイトやパート雇用であっても問題ありません。上限金利の「18.0%」が適用されるアコムでは、どれだけ年収が高く収入が安定していても、初めて利用する際は上限金利の「18.0%」が適用されます。
上限金利が適用される理由は、アコムでの借入や返済といった利用実績が、初回利用は0のためです。
限度額についても、必要な金額を相談しない限り「50万円」が一般的な金額となっています。
アコムで安く借りたいと思っても、初回から低金利になることはほとんどないということです。Q.最初から低金利で借りるには?元 信用組合職員|滝口誠銀行のカードローンを検討しましょう特別な職業に就いている場合は、金利が低く始まる場合もありますが、通常は18.0%からスタートして利用状況を見ながら金利を調整するのが一般的です。
どうしても18.0%が嫌であれば、銀行のカードローンに申込みをするといいでしょう。
しかし、カード作成後、気軽に金利交渉ができるのは消費者金融ですので、長い目で見てお金を借りるのかを含め、検討しましょう。金利分の利息が毎月発生する初回利用時の場合、アコムの金利はほぼ「18.0%」になることは分かりました。
この金利は、借入した後に払わなければならない「利息」に直結します。金利が低いほど、利息負担が少なく、返済がラクになるのです。もくじに戻る?アコムの金利は引き下げることができる「金利を引き下げることはできないの?」
現在アコムを利用している方で、金利の引き下げたいという方もいるはずです。
アコムの金利を確実に引き下げる方法は存在します。ただし、そのためには更に借入金額を増やさなければなりません。利息制限法を利用する利息制限法とは利息制限法とは、個人向けの融資に対して、貸付金額に応じた金利上限を定める法律のことです。貸付金額と金利上限の関係は、以下の通りです。10万円未満上限20.0%10万円~100万円未満上限18.0%100万円~上限15.0%≫参考:利息制限法条文
アコムなどの消費者金融は、利息制限法の制限を受けます。
法律上、100万円以上借り入れをしている人には、15.0%の金利を適用しなければいけません。つまり、より高額を借りれば確実に金利を引き下げることができます。もくじに戻る?増額できれば金利を引き下げられる可能性があるアコムでは、限度額を増額したい場合に「増額審査」を受けることができます。
この増額審査に通ると、限度額の引き上げがおこなわれるのですが、同時に金利の引き下げられる可能性があるのです。
どうしても、アコムの金利を引き下げたいなら、増額審査に申し込みをするのも1つの選択肢かもしれません。Q.1度の増額で金利はどの程度下がるのか?元 信用組合職員|滝口誠平均的にどのぐらい下がるのかは分かりませんカードローンを増額申請すると審査が行われ、通過すれば増額が認められますが、金利は利用限度額が幾らになるかによって変わってきます。
したがって、金利の引き下げは人によって異なりますので、平均的な数値は知ることはできないでしょう。
消費者金融の場合は増額申請をしなくても、金利引き下げの交渉に応じてくれます。収入があがったときや雇用形態が正社員になった時など、カードローンを申し込みしたときに届け出た内容よりもいい方向に変化があった場合には、金利の引き下げを交渉してみましょう。増額には一定期間「利用実績」が必要増額審査を受けるためには、ある程度アコムで「借入・返済」をおこなっていなければなりません。
つまり、申し込みをしてからあまり時間が経っていない人は、増額審査に通過することができないのです。
だからといって、アコムを使い続けていれば、余計な利息を払い続けなければなりません。申し込みから2日~1週間以上かかるもう一点注意したいのが、アコムの増額審査に申し込みをしても、すぐに限度額や多くなったり、金利が安くなることはないという点です。
一般的には2日~1週間以上かかると覚えておいてください。
初回審査とは異なり、限度額の見直しをおこないます。そのため、これまでの利用実績を慎重に審査するので、どうしても時間がかかってしまうのです。土日は電話対応してもらえないさらに気をつけておきたいのが、土日に増額申請をする場合です。
コールセンターは土日お休みしているので、その日に電話対応してもらえません。つまり、翌営業日までは対応待ちになってしまうのです。
週末に増額申請する際は、最短でも月曜日の対応になることを考慮しておきましょう。もくじに戻る?アコムで増額するにはリスクがあるアコムで利用限度額の増額を希望する人の多くは、メリット部分しか見えていないものです。
増額審査を受ける際には大きなリスクも伴ってくるので、下記の要素もしっかり踏まえて希望すべきかを決断してください。リスク1|限度額の減少・利用停止の可能性があるアコムで増額申請するときの大きなリスクとして、必ず把握しておくべきポイントは以下の2点です。
増額審査を受けるリスク■増額審査を通過できずに限度額が減少■審査落ち後にカードの利用が停止
このように限度額を増やすつもりで申請したにも関わらず、逆に減少してしまうケースもあるのです。
増額申請するまでの利用実績が著しく悪い人は、最悪の場合「カードの利用停止」になってしまう可能性もあります。リスク2|結果がでるまでは追加借入も不可さらに、1度アコムの増額審査を受けてしまうと、結果が出るまでは少額であっても追加融資してもらえません。
「結果が遅いからとりあえず千円だけ…」と思っても、最短でも2日間はキャッシングできなくなってしまうリスクがあるのです。
急いでまとまったお金が必要な人にとって、増額審査に申し込みするのはかなりリスキーな行為と言えるでしょう。もくじに戻る?どうしてもすぐにお金が必要なときの解決策『今日中に支払わなければ滞納してしまう』
『大きな買い物を控えているのに限度額不足』
『増額を当てにしていたのにどうしよう…』
どうしても今日中にお金が必要なのに、いつも使っているアコムの限度額が足りない。
そんなときはむやみに増額申請をせず、一時的に新規カードローンの利用を検討してみてください。他カードローンに新規申し込みする方が早い審査のハードルが上がり、なおかつ時間がかかるアコムの増額審査を受けるより、他のカードローンに新規申し込みする方が遥かにスムーズです。
現状、アコムをきちんと利用しているのであれば、一般的な他のカードローンに申し込むのはさほど問題ではありません。審査の早い消費者金融カードローンが最適1分1秒でも早くまとまったお金を用意したい人には、審査が早い消費者金融のカードローンが最適です。
アコムのような大手消費者金融のカードローンであれば、審査は最短30分で完了します。今からスマホで申し込みすれば、最短1時間でキャッシング可能です。
数ある消費者金融の中から、即日融資してもらいやすい借入先をが厳選したので、どれにすればいいか迷っている人は、下記を参考にしてください。■条件次第ではカードレス「プロミス」
 プロミスSMBCコンシューマーファイナンス?金利 ?限度額?審査 ?融資 :4.5~17.8%:最大500万円:最短30分:最短1時間●他消費者金融よりも金利が安くてお得!●銀行閉店後も最短10秒で振込可能!※1●アルバイト・パートでも当日利用可能!●30日分の利息が完全ゼロ円!※2
※1:三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座が必要です※2:メールアドレスの登録とWeb明細の利用が条件です
指定口座があれば、24時間いつでも振り込んでもらえる「プロミス」も、即日融資を希望する人におすすめです。
口座振替で返済すれば、プロミスからの郵送物もなくなるので、家族や友人に内緒でこっそり利用できます。
「WEB完結」が気になる方は、下記の公式サイトから指定口座をチェックしてみてください。
■審査は最短30分で完了「アイフル」
 アイフルアイフル株式会社?金利 ?限度額?審査 ?融資 :4.5~18.0%:最大500万円:最短30分:最短即日●30日分の利息が完全ゼロ円!●郵送物が届く時間を指定できる!
数ある消費者金融の中で、審査の早さに定評がある「アイフル」も、即日融資におすすめのカードローンです。
気になる審査時間は、手持ちのスマホから申し込めば最短30分で完了する驚きの早さとなっています。
さらに、融資してもらえるかを1秒で簡易診断してくれるサービスもあるので、1度利用してみてはいかがでしょうか?もくじに戻る?まとめアコムの金利を引き下げるための条件や、利息制限法、増額審査について解説していきました。
記事内の大切なポイント?アコムの初回金利は18%が適用される?契約後に金利を下げることは可能?限度額が100万円なら金利は15%?増額すれば現在よりも多く借りられる
上記のポイントを把握しておけば、アコムの金利を引き下げることも十分可能です。
増額するには利用実績が必要だったり、結果が出るまでに時間がかかったりするので、その点も踏まえて下記の公式サイトから申請してください。 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ?金利 ?限度額?審査 ?融資 :3.0~18.0%:最大800万円:最短30分:最短1時間●利用者数が全国でダントツNo.1!●30日分の利息が完全ゼロ円!●最短60分で借りられる!公式サイトへ?もくじに戻る?