DCカードが払えない場合の滞納リスクと対処法2017年11月14日更新この記事のアドバイザファイナンシャルプランナー隅倉広樹FP技能士2級を保有する、不動産仲介・管理業務を中心としたライフプラン設計・資産運用のプロ。その他、宅地建物取引士・管理業務主任者・損害保険募集人といった多数の資格を保有し、ファイナンスに関する幅広い知識でお客様をサポート。んなぁ!?18万6,700円!?何やら大きな金額が聞こえましたけど、臨時収入の話ではなさそうですね、カズ君。ま、松阪さん…。実は、DCカードの請求額が決まりまして。そういえば、先々月末に旅行行ったっけ~。クレジットの請求は忘れたころにやってきますからね。でも、払えないと大変なことになりますよ。人物紹介
松阪さん
専属のフィナンシャルプランナー。大手金融機関やクレジット会社での勤務経験があり、編集部に入ってからも「お金に関する悩み」を多数解決している。

カズくん
都内のIT会社に勤務している青年。普段からクレジット払いで生活をしているので、支払い日が近づくたびに冷や汗をかいている。
お金に関しては素人だが、優しい性格なので交友関係は広い。それだけに、飲みに誘われることが多く、それが請求額増加の原因にもなっている。
サービス豊富なDCカードDCカードは、三菱UFJニコスが発行しているクレジットカードです。ブランドはMasterCardとVISAのいずれかを選択でき、どちらの場合も提携店が多いため使いどころを選びません。
しかし、何よりの魅力は豊富な会員サービスです。
海外旅行がお得になるDCカード最大の特徴は、海外旅行者向けのサービスが充実していることです。渡航からお土産購入まで、DCカードがあるだけであらゆるサービスが無料で受けられます。
DCカードサービス一覧
?ツアー割引サービス
DCカード会員というだけで、最大5%のツアー料金が割引されます。
?海外アシスタントサービス
旅行先現地に設置されている、日本語で案内をしてくれるサービス窓口を利用できます。
案内を受けられる主な情報は、「都市案内・交通情報」「空港案内」「ホテル斡旋」「免税店・レストラン情報」「レジャー情報」等です。
?優待ガイド『ふらっと・ぷらっと』
旅行先ショップ・レストラン等で割引・プレゼントサービスを受けられる優待ガイドを利用できます。
?レンタカーサービス
旅行先でレンタカーを優待価格で利用できます。
※提携店に限る
?海外お土産割引サービス
オンラインでお土産を注文できるサービスです。さらに、全商品が10%割引きされて非常にお買得になります。

このように、DCカード会員というだけで海外旅行が誰よりもお得に楽しめてしまうのです。
ただし、お得に利用できる分支払いには注意しなくてはいけません。
ついつい余計な買い物が増えて「払えない」なんてことにもお得な優待サービスが豊富なDCカードではありますが、割引が多いために「つい有料サービスを追加してしまって、結果的に出費が増えてしまう」というケースも。
普段からDCカードで買い物をしている人などは、財布の紐が緩くなる旅行先での出費と相まって「今月分の利用代金が払えない、滞納しそう」といった事態に陥ることもあります。
でも独自に聞き込みを行ったところ、以下のような意見を多数耳にすることができました。
DCカード利用者の声1
なんでこんな請求額になるんだと思ったら、そういえばニューヨーク行ったとき調子乗って買い物しすぎてたわ…。

DCカード利用者の声2
DCカードの請求書が届いたけど、怖くて中身見れない。絶対20万以上請求されてるから。滞納待ったなし。

DCカード利用者の声3
節約しよって決めてたのに、湯水のようにカードを使わせるこの魔力よ。確実に今月の給料が吹っ飛ぶ…マジ払えない。

このように、お得に旅行が楽しめるからこそ予定以上にDCカードを使ってしまったという利用者は、後を絶ちません。
予算10万円のつもりが、気づいたら5万円以上オーバーしていた。そんな人も沢山いるようですね。 僕の話してます?
仕方ないじゃないですか!海外行ったら「楽しまなきゃ損」って思っちゃって…。
Q.クレジットカードの間違った使い方とはファイナンシャルプランナー|隅倉広樹資金繰りで使うのはNG日常の生活費や、収入に見合わない品物をクレジットカードで支払うのはいけません。貯金や、毎月の収入から支出の全額を引いた余り等で支払える範囲でカードを利用しましょう。毎月の収支を見直した時に、家賃などの固定費、食費、雑費が毎月いくら出ているか平均値だけでも把握しておかないと、支払いに苦しむことになります。家計の管理を、簡単なメモ帳などから始めてみましょう。DCカードは15日締め翌10日払いDCカードの利用代金は、毎月15日締め翌月10日払いが基本となっています。イメージを掴みやすいよう、そのサイクルを図にしてみました。ようするに、16日以降の利用代金は翌々月の支払いに回されるわけです。そのために、中旬から下旬にかけて海外旅行を楽しんだ人などは、支払い日が近づいて「そういえば!」と思い出し、慌てるパターンもあります。
なお、請求書は支払い日の約10日前に届きますが、利用代金そのものは引き落としの前日までに用意しなくてはいけません。
つまり、タイムリミットは毎月9日です。
DCカード利用代金を滞納すると大変なことに…支払い日前日までにDCカードの利用代金が用意できないと、当然ながらそれなりのリスクが発生します。具体的にどうなるのか、まずは滞納時の流れを確認しましょう。一見するとシンプルですが、この流れの中では実際に体験すると洒落にならないような滞納リスクが利用者を襲います。Q.クレジットカードを滞納してから最悪のリスクが発生するまでの期間とはファイナンシャルプランナー|隅倉広樹90日後には一括請求、ブラック化クレジットカードの支払いを滞納すると、電話や郵便での催促が始まります。連絡も取らずに無視していれば、クレジットカード規約の通りの手続きで強制解約になり、遅延損害金と共に一括請求される事になります。おおむね滞納初日から90日の場合が多い様です。強制解約になればブラック化や一括請求は止められませんので、それまでに支払いを進めるか担当者に相談しましょう。滞納リスク1:年率14.40%の遅延損害金危険度:★★☆☆☆
DCカードの利用代金が払えないと、支払い日翌日から遅延損害金が発生します。
通常、一括返済では手数料が発生しないDCカードですが、滞納時は年14.40%の遅延利率に基づいて算出される「金銭的なペナルティ」を支払わなくてはいけません。
遅延損害金は日割りで加算されていくので、滞納が長引くほど負担も大きくなります。
滞納リスク2:DCカード利用停止と信用情報にダメージ危険度:★★★★☆
利用代金を1日でも滞納すると、遅延損害金を含めた代金を支払うまでDCカードは利用停止になります。
また、滞納情報は金融事故として扱われ、信用情報も確実にダメージを受けるので注意が必要です。
信用情報がひどく傷ついてブラック化すると、あらゆる審査に通過できなくなります。
新しいクレジットカードも作れなくなるので、DCカードしか持っていない人は死活問題になるでしょう。
滞納リスク3:利用代金+遅延損害金を一括請求危険度:★★★★★
あまりにも長期間利用代金が払えないと、最終的には遅延損害金を含めた一括請求が行われます。
こうなってしまうと、全額支払いを済ませたとしてもDCカードは強制解約となります。信用情報も確実にブラック化するので、向こう5年間は新しいクレジットカードすら作れなくなるでしょう。
一括請求は、法的な措置です。
最悪のケースでは裁判にまで発展し、あらゆる滞納リスクは回避できなくなります。
滞納しそうな人は適切な相手に相談しましょうもしもクレジットカードを滞納しそうになったら、然るべき相手に相談してください。
公的機関や専門家に相談すれば、どのように対処すればいいのかを指導してもらえるでしょう。
選択肢は、
?国民生活センター・消費生活センター?日本クレジットカウンセリング協会?弁護士等の専門家
この3通りです。相談先1|国民生活センターもしくは消費生活センター消費生活全般に関する公的機関「国民生活センターや消費生活センター」は、商品やサービスに対する苦情・問い合わせに専門担当者が対応してくれます。
無料で気軽に相談でき、公正な立場から適切にアドバイスしてくれるので、少しでも滞納の可能性を感じたら連絡してみてください。
・国民生活センター:042-758-3161・消費生活センター:03-3446-1623相談先2|日本クレジットカウンセリング協会日本クレジットカウンセリング協会(通称:JCCO)は、公正かつ中立的にカウンセリングを消費者保護の観点から行っています。
こちらも無料で相談できるうえ、お金のトラブルに関してはより専門的なアドバイスを期待できるでしょう。
・JCCO:03-3226-0121相談先3|弁護士などの専門家その他、弁護士等の法律家への相談という選択肢もあります。
弁護士事務所の場合、相談料の支払いが必要ですが、「取り合えず専門家の意見が聞きたい」「弁護士に頼るだけの費用が無い」といった場合、無料相談できる法テラスに問い合わせてみてください。
・法テラス:0570-078374どしても払えない、そんなときは…いつもは大丈夫なのに、今月だけ支払が辛い。
ライフプランを考えると、滞納は避けておきたい。
でも、家族や知り合いに迷惑はかけたくない。
どうしてもお金が用意できず、今月のクレジット代は滞納しそう。そんな状況を自分だけの責任で解決したいといった方は、一時的にお金を借りるという方法も検討してください。
具体的な選択肢は、
?クレジットカードのキャッシング機能
?カードローン
この2つです。選択肢1|クレジットカードのキャッシングクレジットカードの中には、現金を借り入れするキャッシング機能が搭載されているものがあります。
ショッピング枠とは異なるキャッシング枠を持っている場合のみ利用できるサービスであり、手元のカードに機能がついていないなら改めて審査を受けなくてはいけません。
ただし、クレジットカードは借入に特化してはいないので、キャッシング機能のサービスが充実しているとは言えません。ショッピング用のカード商品なので、借り入れの利便性はそこそこのレベルという点は念頭に置いておきましょう。
メリット?すでに枠があるならすぐ対応できる?カード利用時のポイントが使える可能性ありデメリット?一括返済が基本なので翌月の支払い負担が増える可能性あり?審査に時間が掛かる場合あり?金利に応じた利息を払う必要あり選択肢2|借入専用のカードローンカードローンとは、借入に特化したカード商品です。
クレジットカードのキャッシング機能と同じく、金融機関の担当者と対面せずATM等でこっそりお金を借り入れでき、また残高不足の口座に直接入金する形でも借り入れできます。
物によっては30日分の利息が一切発生しないので、ほんの少しお金が足りない状況では特に心強い存在になってくれるでしょう。
メリット?少しずつ返済できるので負担が軽い?申込んだ当日にお金を用意できる?誰にもバレずに利用できるデメリット?金利に応じた利息を払う必要あり?使いすぎると返済負担が大きくなる
カードローンなら誰にも迷惑がかかりません
カードローンは、保証人なしで借入できるローン商品です。そのため、カードの支払いに困っていることについて誰かに話す必要すらありません。
どうしても支払いが辛いけど、誰にも迷惑や心配をかけたくない。
そういった方こそ、カードローンに目を向けてみてください。
 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ?金利 ?限度額?審査 ?融資 :3.0~18.0%:最大800万円:最短30分:最短1時間●利用者数が全国でトップクラス!●30日分の利息が基本的にゼロ円!●最短60分で借りられる! 公式サイトへ? 
 プロミスSMBCコンシューマーファイナンス?金利 ?限度額?審査 ?融資 :4.5~17.8%:最大500万円:最短30分:最短1時間●他消費者金融よりも金利が安くてお得!●銀行閉店後も最短10秒で振込可能!※1●30日分の利息が完全ゼロ円!※2 公式サイトへ? 
※1:三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座が必要です※2:メールアドレスの登録とWeb明細の利用が条件です
クレジットカードを使い過ぎて払えない場合に滞納するリスクと対処法代金を滞納するリスクを更に詳しく解説するとともに、より具体的な対処法を紹介しています。支払い日ギリギリで、今日中に何とかしたい…。そういった方は、まずは落ち着いてこの記事をご覧ください。≫記事を読む
※お金を借りる際にはしっかりと返済計画を立て、無理のない範囲で返済するようにしましょう。
まとめDCカードは、確かに利便性が高いクレジットカードです。
しかし、使いすぎて支払いが困難になったとしても、無断で滞納することだけは避けてください。
少しでも滞納する可能性があるなら、その時点で公的機関や専門家に相談しておくべきでしょう。
誰にも迷惑をかけず、自分だけの責任で解決したいなら、一時的に借り入れを行うという手段もあります。
いずれにせよ、前もって適切な対応をとり、滞納リスクの回避・解決に努めてください。
おすすめカードローンアコム?金利 ?限度額?審査 :3.0~18.0%:最大800万円:最短30分プロミス?金利 ?限度額?審査 :4.5~17.8%:最大500万円:最短30分